2012年05月01日

うーん

GWの楽しいはずの旅路で起きてしまったいたましい事故ですが、
事故を起こした河野化山容疑者も逮捕され、また徐々に見えてきたことがいろいろとあるようです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120501-00000093-mai-soci

河野容疑者は元中国国籍の日本人のようです。どうりで珍しい名前だ。
しかし難しい日本語は理解できないって、ツアーバスの運転手なんですよね?
てことは大型二種免許の保持者の筈ですが・・・大型二種の免許を本当に持っているんでしょうね?
難しい日本語が理解できないのに、学科試験や一発試験を通れたんでしょうか?

しかも会社も運転手もどうもあまり長距離運転の経験がなかったようですね。
繁忙期ということで、旅行会社は普段頼んでいるバス運行会社とは別の会社に依頼したようですが、
その際にいろいろなことを目をつむってバスを仕立てたような感じですね。

事故というものは大概そうなのですが、
後から考えてみると小さなミスが重なり、
積み上がったミスにより起こるべくして起きてしまう。
悲劇が起こる度に、人はもう二度と起こすまいと思うのに。
残念です。
posted by ○もと at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月16日

疑わしきは被告人の利益

大阪市平野区で母子が殺害された事件の差し戻し審で
被告人に無罪判決がでました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120316-00000508-san-soci

この被告人、状況証拠では黒です。

@アリバイがない。
借金の連帯保証人であるのに連絡無く転居していた被害者の夫を探し回っていたとのことですが、
どこに寄っていたか具体的に説明できないなんて、ちょっと変ですよね。
「あそこで聞き込みした」とか「あそこで張り込んでいた」とか言えるはずです。
聞き込みで当たりをつけて平野区に来ていたのですから、
直接乗り込んだって考える方が自然な気がします。

A事件の推定時刻頃、携帯電話の電源を切っていた
人を捜し回っていた人間が携帯の電源を切っている合理的な説明は出来ませんね。
しかも午後5時〜午後11時。電源が切れているのに気付かなかったというには長すぎます。

B被害者に横恋慕してた。
告白文やらメモやらそのものずばりの証拠が出てきてます。

C目撃証言がある
現場近くで良く似た人物や車の目撃証言があるようです。

D行ったこともないと主張している被害者のマンションの間取り(カーテンの色等)を正確に知っている。しかも事件当日に移動したソファの位置まで。
(当日の朝出かけた夫もソファの移動を知らなかったため、ソファの移動は犯人しか知り得ない)

E行ったこともないと主張している現場マンションの踊り場灰皿から
容疑者のDNA型の唾液が付いた煙草の吸い殻が発見された。
ただし茶色く変色しており、事件当日のものかは判断が分かれる。
これが唯一の物的証拠だったわけです。

弁護側はこの吸い殻は被告から預かっていた携帯灰皿の中身を、
被害者がマンション踊り場の灰皿に捨てたモノであると主張。
だから灰皿内の72本の吸い殻の内、被害者が吸っていた銘柄マルボロライトが4本含まれていましたが、それが被害者の吸い殻であれば、それは携帯灰皿の中身を捨てたモノであるということになり、容疑者がマンションに行っていない証拠となると主張しました。
そこでEの証拠をめぐって審理が差し戻されたわけですが
しかしここで捜査側に大ミス。
容疑者の吸い殻以外の吸い殻71本を廃棄しちゃってた・・・
弁護側は「無罪立証の機会を奪われた」と攻撃。

で、結局「疑わしきは被告人の利益に」ってことで無罪判決がでたわけです。

しかし、そもそもマンションの踊り場灰皿に被害者が携帯灰皿の中身を捨てたところで、
容疑者が事件当日現場を「訪れていない証拠」にはなりません。
また容疑者が預けた携帯灰皿の中身を捨てたのだとしたら、
なぜ容疑者のDNA型が1本・被害者の銘柄が4本なのでしょう。本数に違和感があります。
長期に預けるとき(貸すとき)自分の吸い殻が入ったままにしますかね?
またその灰皿内の4本が被害者の吸い殻であると証明されても、
別に容疑者が現場を「訪れていない証拠」にはならないはずです。
同時に捨てられたモノであるという証拠は逆に何処にあるのでしょう。
「携帯灰皿を預けた」ということと
「現場にあった灰皿の吸い殻に容疑者と被害者の吸い殻があった」ということは、
実際には全く結びつかないからです。
つまり元々Eの件は、証拠紛失がなかったとしても、
容疑者の無罪を立証することなど出来ないのです。

またDの件は、実は犯人しか知り得ない「秘密の暴露」です。
ところが弁護側の意見は
「犯人と疑われている被告が、自ら進んで秘密の暴露をするだろうか」です。

物盗りにみせかけたり、性的乱暴を装ったりといった行為は、
逆に物盗りや性的な目的ではない犯行を疑わせます。
「真犯人は別にいる」これが弁護側の意見です。
でもじゃあどんな真犯人像があるんでしょうか。

「疑わしきは被告人の利益に」は大事なことです。
でも一方で私は拷問を伴わない「黙秘権」は被告人の権利とすべきではないと思います。
自分の不利になる証言をしなくても良いという権利、果たして必要でしょうか?
真犯人でないなら、不利な証言など無いはずです。
犯人でありながら、自分を守るために証言を拒否する権利。
そんな権利が果たして本当に万民に平等に与えられるべきだと思いますか?

この被告人は差し戻し審で被告人質問をパス。
つまり「黙秘」しました。
真犯人でないなら、何を「黙秘」するのでしょうか?
状況証拠がこの被告を犯人だとすべきものである可能性は、
最高裁が差し戻す際にも反対意見として添えられています。
だからこそ高裁で死刑判決がでたわけです。

Eの証拠に審理が集中した感のある差し戻し審。
上記のようにEは元々無罪が立証されるものではありません。
しかしそのEの件の捜査側のミスが弁護側によりクローズアップされたのは
「法廷戦術」であると言うしかないでしょう。
その戦術が導いた「無罪」だとしたら、「真実」はいったい何処にあるんでしょう。
posted by ○もと at 08:54| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月01日

あけましておめでとう

あけましておめでとうございます。
今年が皆にとって良い年でありますように。
posted by ○もと at 09:44| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月26日

有馬

今年の有馬は三歳三冠馬の圧勝。
馬券もとれず散々でした。
まぁ強かった強かった。
ただ一頭次元の違う走りをしてました。

武騎手の連続G1記録も残念ながらこれでストップ。
まぁスマートファルコンがJCDに出てれば続いた気もしますが
そーいった面も含めて運がなかったということなんでしょう。
もっとも去年のJCの段階ですでに途切れてたようなもんですが・・・

まぁ気分を切り替えて来年来年。
今年は馬券は散々だったなぁ・・・

あ、まだ東京大賞典があった。
いい年だったなぁと思えるように頑張りたいですね。
posted by ○もと at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月27日

あげまん

三浦皇成元師匠、調教師免許剥奪

http://www.sanspo.com/keiba/news/110927/kba1109270506009-n1.htm

皇成くんが結婚したおめでたいニュースの次がこれ。
たしか師匠はほしのあきさんとの交際について色々と言っていたようでしたが
自分の交際の方をちゃんとしなきゃいけなかったと言う・・・
まぁ反論もあるようですから、このあと泥沼になるかもしれませんね。

結果的には皇成くんは師匠の交際トラブルに巻き込まれなかったのですから
師匠から離れる原因を作ったほしのあきさんの功績と言って良いのかも。
皇成くん期待の若手ジョッキーとして出だし上々だったのが、
気がつけば下の世代からの突き上げも厳しく成績も尻すぼみ、
「さげまん」などという言葉がちらほら聞こえてくることもありましたが、
結果的には「あげまん」だったのかも。

しかしひさびさに書くネタがこれか・・・
posted by ○もと at 07:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月11日

たかっ

ディープ×エアグルーブの牝馬が3億6千万で落札されたそうです。

買った馬主さんは2006年にJRA記録の6億でキンカメ×トゥザヴィクトリーを落札した
グローブエクワインマネージメント(有)。
サトノオーも所有してます。

何をしてる会社なのか知りませんが豪気な・・・

ディープ産駒は初年度からマルセリーナ・リアルインパクトの2頭のG1勝ち馬を出し
しかも三歳馬の安田記念制覇というおまけつき。
ちょっとマイルに偏っていますが成功といっていいのでしょう。

6億牝馬は引退繁殖行きだったようですが、
今回のはさて???
posted by ○もと at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月20日

2位じゃダメなんです

http://www.asahi.com/science/update/0620/TKY201106200323.html

「2位じゃダメなんですか?」
で有名になった理研のスパコンが世界一位になったそうです・・・

posted by ○もと at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月16日

金本の記録ストップ

金本の連続試合出場の記録がストップしました。

しかもその結末は8回二死1塁から代打として登場。
1塁走者の俊介が盗塁を試みて失敗。
そのまま9回の守備につかなかったため
ルールにより試合出場ではあるが連続試合出場の記録にはカウントされずに・・・終了。
(公認野球規則10・23連続記録の規定(C) プレーヤーが連続試合を記録するためには、少なくとも自チームのあるイニングの守備(回の初めから終わりまで)に出場するか、あるいは塁に出るかアウトになって打撃を完了しなければならない。代走として試合に出ただけでは、連続試合出場を記録したことにはならない。プレーヤーが本項の要件を満たさないうちに、審判員によって試合から除かれた場合は、この連続試合出場の記録が中断されたことにはならない。)

というもの。
いろんな意味で最悪の終わり方です。
連続試合出場はたしかに偉大な記録です。
しかし内容が伴わなければならないことは、金本自身が一番良く理解していたはず。

監督が英断、試合前に発表する。
金本自身が決断、試合前に発表する。

このどちらかがベストな形だったでしょう。
しかし実際にはこの結末・・・
結果として若い俊介に苦みを残してしまいました。

守備につかせなかったのは何故か?
本当にルールを理解していたのか。
盗塁はサインなのかそうではないのか。

いろんな意味でしこりを残しながら金本の記録は終わりました。

ただ連続試合出場という記録には常にこのような面がでてきます。
衣笠のときもそうでした。
最初は偉大な記録なのに、やがて記録のためだけに、記録を伸ばすためだけに
選手が傷ついていく。
もうあまり見たくないですね。
posted by ○もと at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月12日

地震

もの凄い地震でした。
生まれて初めて地震で歩けないという経験をしました。
1日たって、これから被害の全容が明らかになってくると思います。

犠牲になられた方のご冥福をお祈りするとともに、
被災された方の救助が速やかに行われることを祈るばかりです。

いろいろな知人に連絡をとっていますが
いまだに連絡が取れないのが何人かいます。
安否が気遣われる・・・大丈夫だとは思うが。

昨日夜、九州にいる先生から安否を確認する電話があり
改めてホントにやばい事態になってることを実感しました。
まさか先生に心配されるとは。
それだけ情報が混乱しているのでしょうね。
posted by ○もと at 07:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月02日

あーあ

大相撲での八百長を示唆するメールが押収されたそうです

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110202-00000546-san-soci

まぁ長年言われ続けていたことですから
いまさらどーこーはないんですけど
野球賭博の捜査で発見されたっていうのが皮肉な感じですねぇ。

携帯メールってーのは消去しても残りますし
お手軽な連絡手段ですけど証拠としても残りやすいんで
捜査側にはこーゆー手段でやばい連絡する風習は便利でしょうねー。
posted by ○もと at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。