2008年12月08日

JCD

JCDはカネヒキリが勝利・・・
2005年に同レースを勝ってる馬が、屈腱炎による長期休養をへて
復活の勝利ということになるんですけどね。

ヴァーミリアン騎乗の岩田騎手が後ろから外回したから
届かなかった面もある気が・・・
だいたい後ろから一発狙って末脚にかけてるメイショウトウコンと同位置ってどーよ。
各紙の岩田騎手のコメントを見ると他馬の影響によってしょうがなく
下げた・・・みたいなことを言ってましたが。

まぁそれがなくてもカネヒキリがG1の舞台で以前の走りを取り戻したことは確かなことです。屈腱炎からの復帰・・・カネヒキリ自身の体力・精神力と間関係者の並々ならぬ努力の成果なのでしょうね。
スゴイ馬です。

まぁ・・・レースは惨敗です。
posted by ○もと at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。