2009年05月17日

異次元

ヴィクトリアマイルはウオッカが格の違いを見せつけ7馬身差の圧勝!

いやー強い。
ウオッカの過去のレースの中では去年の安田がベストレースだと思っていたので、ここでも強いだろうとは思っていましたが・・・それにしてもね。

安田の時は岩田騎手。
武の騎乗の時は、位置取りがいつも岩田の時よりやや後ろな感じ。
「なんであの安田のようにのらないんだろう?プライド?」
とか思ってましたが・・・それが不安要素でがっつりといけなかったんですが・・・いやいやお見それしました。

今日はかなり前目に付けて、もったまま抜け出して、余裕で流して7馬身ってね。
メンバーがあまり強くなかったこともあるとは思いますが
脱帽の強さです。
一頭だけ異次元の走りでした。
この異次元についていけたであろうダイワスカーレットの引退がなおさら惜しまれます。ここでも名勝負してくれただろうになぁー。

さてレースはウオッカより前々で競馬していた1番2番が粘りこみ。ヴィクトリアマイルは内枠が強いですねぇ。来年も憶えておかなくっちゃ。

それにしても同厩のブーケフレグランス・・・いい感じの進路譲り・・・ナイス騎乗です。あの異次元ぶりじゃ、なくても勝ってたでしょうけどね。
posted by ○もと at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/119680445

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。