2010年05月23日

うーん

オークスは
離して逃げた北村と柴田善二頭を全頭追う展開。

直線に入ってアパパネとサンテミリオンが抜け出して差し合い
アパパネが一時頭差つけますが
サンテミリオンが差しかえしてゴール・・・
のように見えましたが、写真判定の結果は
G1史上初の1着同着。
うーん。
ウオッカは2度の2cm差での勝利があり
去年のスプリンターは1cm差と言われています。
もちろんカメラの加減もあるのですが
あくまで個人的な感想としては
そのどちらよりも差がなかったとは思えませんでした。
なんとなく釈然としませんが
牡馬よりも影響が少ない牝馬G1だから・・・なのかなぁと
ちょっとだけ思いました。

アパパネはこれで2歳JF・桜花賞とオークスということに。
最後の秋華賞も制すれば三頭目の牝馬三冠馬に。
それにたちはだかるのはやはりサンテミリオンか?

またサンテミリオンの騎手横山典は
先週のVマイル・ブエナビスタに続いて2週連続G1勝利と。
今年は他の騎手に落馬やケガが多いというのもありますが
リーディングを独走している典さん。
ダービーのペルーサも有力ですし
来週も典さんの週なのかもしれません。
posted by ○もと at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/150819044

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。