2007年03月16日

結局おかしいだろ

西武の裏金問題。
いろいろと事実が登場するにしたがって
更に疑問が増えていくばかり。

結局早稲田の学生は本人が事実を把握しており、
しかも直接西武から金銭を受け取っていたわけですが、
そのことを「隠蔽」と報道するのってどうなんでしょうね。
はっきり言って、裏金の存在を公表した段階で
西武にとって、
学生本人に渡していたか、父親に渡していたかなどというのは問題ではないわけです。
問題にもならないことを、何故わざわざねじ曲げたのか。
まぁこの情報から判断すると、事実をねじ曲げることで利益を受けるのは、当の学生本人だけです。
学生を庇おうとして・・・というのは信じても良いような感じです。だって学生を庇ったって西武に利益は何もないわけですから。
それをさして「隠蔽」と表現するってのも変な話だと思いますね。
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2007/03/16/01.html
(スポニチ)
ここでは「しかし、その裏側で行っていたのは隠ぺい工作。アマ選手に不正な金銭を供与したばかりか、その事実を葬り去ろうとしたのは悪質と言わざるを得ない。」となっていますが、事実を葬り去ろうとしたってのはポイントが違うような気がするのですがね。
使うなら「隠蔽」ではなく、「歪曲」だと思うんですが・・・。


ところで結局この事件はなぜ明るみに出たのでしょう。
西武が公表したときは伏せられていた個人名がなぜ翌日には特定されていたのでしょう。
どこにもそのことについて載ってない(東スポには内部リークと載っていたようですが)ので推理してみましょうか。

まず出所については情報のリークがあったと考えるのが自然でしょうね。
西武の自浄作用による自発的な公表でないことは、一場事件から時間的に離れていることを考えればすぐにわかります。

となると、社内での確執によるリークか、外部の者が掴んだかになると思いますが、社内のことは内部でしかわかりませんから保留です。
それにまた社内であるならば、なぜこの2名なのか?があると思います。結局2名だけということも考えにくいからです。

しかし、外部だとするとちょっと不思議です。
なぜなら東京ガスと早稲田という異なる環境の2名の名前があがったからです。その意味でこの2名の周辺が洩らしたとも考えられません。

となると、西武のスカウト内情に詳しい外部の人間によるリークということなんでしょうか。そういう人間はかなり限られます。そういえば某球団に元西武のスカウト部長がいますね。偶然にも。

そういえば、前回の一場事件の際も、どうして明るみに出たんでしょうか。一場事件で得をしたのは誰なんでしょうか。

この事件は、なぜ「今」リークされたのでしょうか。
予定では会議が行われて現状の維持が確認されるはずでした。しかしこの問題公表を受けて、ウェーバー制度導入へと大きく趨勢が傾いています。
そういえば某球団はウェーバー制度導入を主張していましたね。

いろいろ考えると何故か某球団に繋がってしまうのは、何故なんでしょうか。もちろんこじつけと考えすぎによる、筆者の妄想な訳ですが。
posted by ○もと at 18:13| Comment(0) | TrackBack(1) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36114634

この記事へのトラックバック

裸の王様
Excerpt: 御世話になります。 当方、プロ野球関係のブログを書いています。 よろしければ、あなたのブログにTBを貼らせてください。
Weblog: バックスクリーンの下で 〜For All of Baseball Supporters〜
Tracked: 2007-03-16 20:06
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。