2009年01月20日

カカ残留

カカ残留決定の模様。

カカの移籍でチームが劇的に変化するきっかけだったのかもしれないが・・・

やはり一ファンとしては、チームを愛して選手が残留してくれることがとても嬉しい。
たとえそれでチームが強くなれなかったとしても・・・
本末転倒ですが。

それでも「よかった」ってのが、素直な感想です。
posted by ○もと at 09:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ミラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月17日

フランチャイズ制度って・・・

『セブンイレブンの正体』
という本が出版されています。
一時書籍卸しのトーハンでの取り扱いを拒否られたという曰く付きの本らしいです。

意外とセブンイレブンをはじめとするフランチャイズ制度がいかにやくざで詐欺的なものであるかって知られてないんですよね。

この本を読めばなぜセブンイレブンが儲かっているのか、
セブンイレブンは儲かっていても、各店舗はなぜ儲かっていないのか
などがわかるようになっています。

簡単に言ってしまえば、
「廃棄商品にも上納金が課せられているから」
です。
たとえば商品が盗まれたとします。盗まれた商品の原価も本部に上納金をいれなきゃいけないんです。
おかしい制度でしょ?
これを知った人は商品を後ろから取るのを辞めましょうね。
可哀想なオーナーがその分を自己負担しているんですから。
フランチャイズ店舗でそれをやるのは、万引きとほぼ同義です。

セブンイレブンは各店舗が儲かる必要はないんですね。
商品さえ仕入れて貰えれば良いわけです。
だからもの凄く近くに平然と新店舗を開店させちゃうわけです。
だって店舗は儲からなくて良いんですから。

しかもこの本ではじめて知ったのですが、セブンイレブンでは問屋からの請求書を各店舗に開示していないんだそうです。
つまり本社側が商品をいくらで仕入れて、それを各店舗に卸しているかを教えてないんですね。で、かたくなに開示を拒んでいた、と。
・・・あきらかにやってるでしょーねー。中抜き。

まぁそれで儲けようと全く法律には違反していないんでしょうけど
倫理的にはかなり問題がありますよね。
儲かる会社にはなんらかの絡繰りがあるもんです。

ちなみになぜ件の本がトーハンで取り扱いを断られていたかというと、トーハンの副会長がセブンイレブンの会長の鈴木さんだから。
倫理的に問題がありそうなシステムの考案者ですから、当然言論弾圧なんてお手の物、それに対して躊躇いなんかないんでしょうね。

つーか、そんなことしたら「やましいことがありますよ」って
世界に宣言するようなもんなんじゃ・・・
posted by ○もと at 06:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月07日

年度代表馬

年度代表馬はウオッカ。
エアグルーヴ以来の牝馬が受賞です。

まーウオッカとダイワスカーレットは牡馬ですよ、あれ。

ウオッカは安田・天皇賞秋と牡馬G1を2勝。
ダイワは有馬記念を37年ぶりに牝馬で勝利。

どちらも甲乙つけがたい実績ですが、天皇賞秋での直接対決2p差勝利がものをいって、ウオッカが受賞したんでしょうね。

ただ・・・どっちの馬が現役最強馬なのかと言ったら・・・

まぁ100人居たら100通りの意見があるとは思いますが、
私は現時点ではダイワの方が強いのではないかなーと思います。
強い競馬をするのと、勝つのは別の話ですし。
ウオッカは自分でレースを作れませんから、状況に左右されるところがあります。その点ダイワはハナきって押し切れますから・・・
例えば異なる組み合わせの18頭立てでウオッカとダイワが100回走ったら、おそらく80回ほどはダイワが勝つんではないかなーと。
その安定した強さは連を外したことがない成績にあらわれています。
ウオッカはポカりますからね。
去年も何度もポカしてます。

ただ左回りマイルならウオッカの方が強いかな、とも思いますね。
JCを見てもわかるように、2400は少しウオッカには長い気がしますし、安田の強さがウオッカのベストレースだったと思いますので。
ただヴィクトリアで負けてるんですよねー。ホント安定感ないわ。

まーこんなくだらない、何の意味もない予想をして楽しめるのも、素晴らしい牝馬二頭と時代を同じく生きるという幸運に恵まれたからです。
二頭とも今季も現役のようですし、もう少しだけこのくだらない「最強馬予想」に頭を悩ませる幸運を楽しもうじゃありませんか。

ところでもう一回直接対決の場はあるんでしょうかね???
海外でありそうですね。楽しみです。
posted by ○もと at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月01日

元旦

今年も宜しくお願いします。

しかしこのブログも書いたり書かなかったりで結構続いてるなぁ。
一番最初は2005年10月。
フォーゲルがまだミランにいる・・・

あのころは親父も元気で生きてたし・・・
私の周囲の環境も全く変わってしまっています。

私自身は変わったのか変わらないのか。
自分じゃ良くわからないですね。

とりあえず今年も無理無いペースで続けていこうとは思います。
見てくださってる人にとって良い年でありますように。
posted by ○もと at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月31日

東京大賞典

JCDに引き続き東京大賞典もカネヒキリの勝利。
脚に爆弾を抱えたままの同馬にとっては
一戦一戦がまさに勝負。
それでもここまでの強さをみてしまうと、可能性は薄いと思いますが、もう一度海外に挑戦してみて欲しいです。

ヴァーミリアンは届きませんでした。
というか・・・もうカネヒキリには勝てないんじゃ・・・
3着はブロッケン。
上の二強とは確実に差がありますが、まだ3歳。
来年はダートトップになれる馬ではないかと。

しかし今年は馬券当たらなかったなー
posted by ○もと at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月29日

強すぎる○馬

2008年の有馬記念はダイワスカーレットの逃げ切り圧勝。

強すぎる・・・

この日の中山は外が伸びてました。
実際2着は大外を追い込んできたアドマイヤモナーク。
3着も外目を差してきたエアシェイディ。
それでも内を走ったスカーレットの圧勝でした。

ウオッカといい、スカーレットといい
今年はこれで古馬G1を牝馬が4勝ですか。

今年を表す一字の漢字は「変」でしたが
競馬界は完全に「牝」でしたね。

あー馬券は大敗。
エアは買ってても、モナークはムリ。
posted by ○もと at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月08日

JCD

JCDはカネヒキリが勝利・・・
2005年に同レースを勝ってる馬が、屈腱炎による長期休養をへて
復活の勝利ということになるんですけどね。

ヴァーミリアン騎乗の岩田騎手が後ろから外回したから
届かなかった面もある気が・・・
だいたい後ろから一発狙って末脚にかけてるメイショウトウコンと同位置ってどーよ。
各紙の岩田騎手のコメントを見ると他馬の影響によってしょうがなく
下げた・・・みたいなことを言ってましたが。

まぁそれがなくてもカネヒキリがG1の舞台で以前の走りを取り戻したことは確かなことです。屈腱炎からの復帰・・・カネヒキリ自身の体力・精神力と間関係者の並々ならぬ努力の成果なのでしょうね。
スゴイ馬です。

まぁ・・・レースは惨敗です。
posted by ○もと at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月02日

JC

まさかまさかのスクリーンヒーロー。
「いや俺は最初から・・・」と思ってた人が少なかったのが単勝41倍にでちゃってます。
たしかに東京は走る。
ただいかにも経験が足りないようにも思われた中での完勝。
おそろしーわー、ミルコ・デムーロ。
完璧な騎乗でした。いろんなところで騎乗姿勢の低さが言われていましたが・・・皐月二連覇の舞台で再びヒーローになるのか?親子二代制覇なるのか?
有馬出馬でまた楽しみが増えました。

ディープスカイは天皇賞とは逆にウオッカに先着。
2400で折り合えたのが良かったのと、天皇賞とは逆に枠が外めだったことが良かったのだと思います。完全に外が伸びる馬場でしたので。

ウオッカは全く折り合いがつかず、道中は岩田騎手が手綱を引っ張ってケンカ。それでよくまぁ最後マツリダを交わしたなぁと。能力はやはり高いです。ただ引っ張ってくれる馬がいないときついかなー。
実はダイワが出てくれた方が能力全開出来たのかもしれませんね。
今回トーセンは出遅れましたし、ムリに行こうともしませんでした。

マツリダは・・・完全に中山マシーン。有馬は一番人気でしょうかね。蝦名が出遅れなきゃダイワと好勝負でしょう。

当然馬券は惨敗。
帰りの電車の中で誇らしげに「俺は最初から16が勝つと思ってたから!単勝+馬連がっぽり勝った!!」と嬉しげなどっかのオヤジの電話する声が。
車内の心が一つになった瞬間でした・・・
posted by ○もと at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月25日

西武パレード

先日行われた埼玉西武ライオンズのパレードを
友人夫妻と見に行きました。

とにかく凄い人。
車道を通行止めにして、両サイドの歩道から見るようになっていたのですが、歩道がもうぎっしりで移動不可。
結局「その場で見てください」と警備の警察官の方から指示があり
ラッキーなことに歩道の一番前から見ることが出来ました。

パレードなんて言っても何するわけでもなく
ただ二階建てバスの上に選手が乗って
沿道に手を振るだけ・・・ただそれだけなのに。
なぜこうも感動できるのでしょうか。
私は地元ですから西武ファンです。
でも一番好きなのは阪神です。
その私でも「あぁ西武が優勝出来て良かったなぁ。嬉しいなぁ。」
と思わせる空気があそこにはありました。

移転以来からの西武ファンであろう、懐かしのデザインの帽子をかぶったおじいちゃんとおばあちゃん。
選手に向かって懸命に旗を振るちびっ子。
お父さんに肩車されたまま大声を張り上げてる女の子。
お手製の看板をもって携帯でイケメン選手の写真を撮りまくるおねーちゃん。
あぁ西武が勝って、みんなでそのことを「よかった」って思ってるんだ。共感出来てるんだ。
そういう世界でした。
移転して何度も日本一になって。
でもこれほど地元と一体になったのは初めてなのでは。
みんな。みんな。待っていたんです。きっと。

ちなみに私の周囲はしぶいファンが多かったようで
声援が最も大きかったのは江藤。
退団することが決定している黒江コーチにも感謝の声が送られていました。
あとGG。来季頼むぞーって。

大勢のファンと選手が一体となったある種の夢のような時間が終わり
バスから移動用の車両に選手が降りていく。
終わってしまったんだ・・・って感じの空気の中。
それを切り裂くように友達と「チャラ尾ー!!!」コールを連呼。
降りる方向に向かっていたのに戻ってきて
照れてるように笑いながら手を振ってくれたチャラ尾=平尾さん。
あんた最高だよ!!!
posted by ○もと at 01:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チャイニーズデモクラシー

前回ちょっと触れたガンズのニューアルバム
「CHINESE DEMOCRACY」
購入しました。

予備知識全く無しで聞いた感想は・・・

うーん、正直微妙です。
『Appetite For Destruction』や『Use Your Illusion I』『Use Your Illusion II』のようなインパクトは正直ありません。

アクセルの特徴のある声は健在ですし、
ギターを含めてバックにもそれほど違和感はありませんでした。

ただ、こー、なんつーか・・・がつん!と来ないっつーか。
「Paradise City」を聞いたときの衝撃はなかったですねー。

ただ悪くはないです。
「Better」なんか良い感じでしたし
「Sorry」や「This I Love」なんかは「啼いてる」って感じのバラードで良かったです。
全体的に「じんわり来る」大人の曲が多かったと思います。

これが受け手の私と、作り手たるガンズの歳月の経過を物語ってるんだとしたら、ちょっともの悲しい・・・
posted by ○もと at 00:58| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。